大地震・前兆・予言.com > 陰謀・計画 > 数字の呪縛 悪魔の数字“666”そして18の法則

数字の呪縛 悪魔の数字“666”そして18の法則

63:名無しさん@12周年:2012/01/11(水) 18:36:40.78 ID:g7OV/8/e0
人間は生まれたときからすでに生年月日という数字の呪縛があり、
それは人生を決定するものだという。
人類史上において天変地異や大事件が起こった時、そこにも数字の奇妙なシンクロがあると話題になっている。
例えば、
 9月11日 8時46分 米国同時多発テロ
 1月17日 5時46分 阪神・淡路大震災
 3月11日 14時46分 東日本大震災

同時多発テロは911、阪神大震災は117、東日本大震災は311となり、“11”と、“46”という数字が
浮かび上がってくる。
 “11”は、欧米では占星術と並んで有名な数秘術においてマスターナンバーと言われ、
強いエネルギーを持つ特殊な数字として扱われている。
 “46”は、地球が誕生してから46億年であり、人間の染色体は46本である。
地球や人間に何か新しい大きな変化が訪れるというメッセージなのだろうか?

“666”とは、悪魔の数字として有名である。なぜ悪魔の数字と呼ばれているのか?
 新約聖書の『ヨハネ黙示録』とは、キリストが未来を世界を記した予言書として扱われている。
その13章18節に
 「ここに知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。
その数字とは、人間をさすものである。 そして、その数字は666である」と記されているのである。
例えば、
サンフランシスコ大地震 10月17日 1+17=18
 ロサンゼルス大地震 1月17日 1+17=18
 阪神淡路大震災 1月17日 1+17=18
 パキスタン大地震 10月8日 10+8=18
 中国青海省大地震 4月14日 4+14=18

いずれも発生日から18という数字が導き出される。悪魔の数字“666”の合計は18となる。
 そして今回の東日本大震災からも、驚くべきことに悪魔の数字が導き出されるのだ。

2011年03月11日 2+0+1+1+3+11=18
2012年01月12日 2+0+1+2+1+12=18

『ヨハネ黙示録』には、神と悪魔の最終決戦ハルマゲドンの事が記されている。
 これはもしかすると、ハルマゲドンが日本で起きるというメッセージなのだろうか?
“11”、“46”、“18”とは…人類の未来を紐解く予言の数字なのかもしれない



132:名無しさん@12周年:2012/01/11(水) 19:06:56.96 ID:iX6kI7ta0
>>63
これだと明日って事ではないか
あしたは一段と寒いから本当に困ることになるよ


スポンサーリンク
大地震・前兆・予言.comのロゴ

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

おすすめサイト
あわせて読みたい

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

半角数字にて「※3」「米46」の様に入力するとコメント欄の該当コメントへ返信表示が出ます。
コメントしたのに反映されていない時は、ページを更新、再読込で確認してみて下さい。
スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp(s)://」でお願いします。