大地震・前兆・予言.com > 古代文明 > 古代インカ帝国では頭蓋骨に穴を開け、手術をしていた…穴の開いた頭蓋骨が多く見つかり、術後の生存率も高かったことが判明
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

古代インカ帝国では頭蓋骨に穴を開け、手術をしていた…穴の開いた頭蓋骨が多く見つかり、術後の生存率も高かったことが判明

Imperio_Inca67863789.jpg

 医者は簡単な道具を手に取ると、生きた人間の頭蓋骨に穴を開けた。そして砕けていた頭蓋骨のかけらをほとんどきれいに取り除いた――現代のような麻酔や滅菌技術を用いないこの手術で、なんと、患者は回復した。
思わず身震いするようなこの手術は、古代の医術である穿頭術(トレパネーション)の一例だ。

ナショナル ジオグラフィック日本版
全文はこちら

4: スターダストプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:37:54.53 ID:NH+uAI/P0.net
70パーはすごいな
ほんとならだけど
12: 断崖式ニードロップ(東京都)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 10:11:53.60 ID:LNSXF54o0.net
昔の手術ってさ、麻酔もないのになんで痛くなかったの?
29: エクスプロイダー(庭)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 11:18:06.39 ID:6puCGkFJ0.net
>>12
中国は一時期全身麻酔つかった手術があったそうな
スポンサーリンク
19: スパイダージャーマン(庭)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 10:48:00.96 ID:Bz3mCTLf0.net
軽量化するために穴開けてたんだろうな
47: ミッドナイトエクスプレス(富山県)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 14:14:14.55 ID:Z+3r1Zki0.net
>>19
ミニ四駆じゃねーよ
20: アイアンフィンガーフロムヘル(東京都)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 10:52:17.20 ID:fr0GWpDx0.net
当時の文明進んでたから何でもレーザーで切ってたろ
28: ダイビングヘッドバット(dion軍)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 11:15:01.70 ID:3Zxto9gh0.net
小物入れ
33: テキサスクローバーホールド(東日本)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 12:13:11.62 ID:nfZ8ZqF6O.net
異星人に何らかの処置を施された
34: ダイビングヘッドバット(愛知県)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 12:16:19.41 ID:8Uu340uP0.net
じゅじゅちゅ
48: ジャンピングパワーボム(茸)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 14:17:14.02 ID:js7mQwdT0.net
時代と文明のせいで、なんとなく黒魔術的なもんかと思ってたけど
そこまで医学進んでたのか、ちょっと驚いたわ
49: フランケンシュタイナー(静岡県)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 14:19:40.84 ID:Rg7UhP7m0.net
古代人は現代人ほどヤワじゃないから多少の雑菌も自分の免疫でなんとかなったんだろな
麻酔はたぶん頭がい骨骨折とか脳内出血で意識不明だったんだろ
50: タイガードライバー(愛知県)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 14:26:03.27 ID:/yeuxnWN0.net
埋葬するときに開けただけだろ
生きたままとか無理に決まっとる
51: フランケンシュタイナー(静岡県)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 14:27:26.19 ID:Rg7UhP7m0.net
>>50
記事読もうよ
治った痕から成功率70%って推測されてる
55: メンマ(庭)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 15:14:10.54 ID:yJvodYjB0.net
おこがましいとは思わんかね
64: トペ スイシーダ(東京都)@\(^o^)/:2016/07/05(火) 21:09:24.64 ID:D8SMbqnX0.net
しかしよく頭蓋の下の出血を取り除けば助かるという結論に至ったもんだな
3:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 07:29:09.11 ID:29NSpbQz.net
太古のテクノロジーかぁ ロマンだねぇ
5:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 07:41:53.92 ID:ga4kL7BZ.net
頭蓋内に血が溜まってるの抜けるだけでかなり助かりそうだよね
経験則だろうってのがなかなか恐ろしいけど
11:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:22:49.63 ID:MIyqi30m.net
成功したかどうかはわからんだろ。手術の目的は達成できなかったが命はとりとめたものもけっこういるんじゃね?
16:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:32:02.66 ID:gx2UpSBR.net
>>11
穴を開けた部分に骨の再生所見があれば手術後生存していたことが確認できるよ
あ、でも11がいっているのは生存が必ずしも手術のおかげじゃないかもってこと?
17:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:37:44.02 ID:MIyqi30m.net
>>16
後遺症の問題。それとなんのための手術だったかがはっきりわからないから
12:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:23:20.58 ID:jEmvAO/T.net
これは、魔術の類です
15:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:29:27.22 ID:jsplymY2.net
脳卒中の手術だろ
19:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:49:25.50 ID:W1wn5Uh4.net
どうしてヘルメットの技術が発達しなかったのか?
21:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:56:02.40 ID:f+KPGhSA.net
>>19
金属利用が未発達だったため、綿入れの頭巾を被ってたが
トゲ付きの石の棍棒には無力だった。
20:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 09:51:28.57 ID:Xx8UyNf/.net
現代に生まれてよかったわ
22:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 10:01:00.04 ID:i3V9DaBp.net
ちょっと前までインカの脳手術説は「トンデモ」と言われてた記憶が
24:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 10:30:55.38 ID:ZniNeVZs.net
インカ帝国って、金銀加工技術はあったし、鉄の存在まで知ってたということだが・・
やっぱ王や神官しか金属は身に着けられなかったんだねぇ

ところでJOJO一部はインカ帝国だっけ?
29:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 11:59:12.22 ID:lQa4kxe9.net
あの時代にブラックジャックがいたのさ
35:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 13:10:58.99 ID:nuA63IBo.net
JINでやってた麻酔なし版みたいなもんか
38:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 13:28:57.75 ID:ZniNeVZs.net
麻酔無しで手術できるんか? てか暴れるやろ

でも日本でも麻酔や手術ができるようになったのは
江戸時代にシーボルト先生が来てからだしなぁ・・
あんまワロエナイ
48:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 15:49:44.43 ID:YLfKYydq.net
>>38
暴れないように何人かで押さえ付けてたんだよ
恐すぎ
67:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/06(水) 00:08:15.71 ID:L7ApRBGt.net
>>38
西洋だって麻酔が発明されるまでは、外科手術は阿鼻叫喚だった。
感染症対策だって何もしていなかった。

それでも外科手術は行われていた。
52:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 19:07:28.78 ID:rNywS9t3.net
>>38
日本って昔から独自の麻酔作って手術してたんじゃなかったか?
53:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 19:09:28.43 ID:0xZw/fKn.net
>>52
華岡青洲(はなおか・せいしゅう)か。
41:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 13:58:05.52 ID:L+ifbYef.net
穴が複数開いているから、あれここじゃないやとかやってんのかな?
43:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 14:06:50.09 ID:sHw4tXPb.net
不思議に麻酔が何故効くか今でも解らないみたいだね
歯医者で歯を削る時、頭蓋骨が響くのさえ嫌なのに!
51:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 18:51:48.58 ID:4kr+knOl.net
穴開けた傷跡には殺菌性の葉っぱでもかぶせたのかな
55:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 20:20:59.71 ID:qDQHwA8h.net
これは宇宙人に教えられたに違いない!
・・・と言い張るにしては、ちょっとしょぼいなw
56:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 20:30:16.14 ID:zDexsbbx.net
寄生獣みたいのがいて、それが脳に入り込んだ穴なんじゃねえのか?
脳を乗っ取った後もそれで生命活動を維持できてて
58:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 21:01:29.60 ID:ehLjc8xE.net
想像すると
リーマーみたいな道具なんだろう
59:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 21:28:20.22 ID:W4kVtBNl.net
これは古代文明から引き継いだ外科手術の一部
その文明は南極大陸にフリーズされています。
62:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 22:45:41.80 ID:1VLITDCt.net
なんのために穴をあけたか知ると恐ろしい
63:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 22:53:58.32 ID:W4kVtBNl.net
戦争で頭を負傷した兵士骨折片の除去を救済するための施術と書いてあります。
それを否定する情報はありません。ま、儀式で済ますならそれもありますね。
66:名無しのひみつ@\(^o^)/:2016/07/05(火) 23:51:02.49 ID:Kk8SO3sz.net
頭に打撃攻撃したんだから、
硬膜下出血やら、くも膜下出血やらで脳圧上がるのを抜くためだろ。
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1467671269
古代インカ帝国では頭蓋骨に穴を開け、手術をしていた…穴の開いた頭蓋骨が多く見つかり、術後の生存率も高かったことが判明

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

ピックアップ記事

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp://」でお願いします。