大地震・前兆・予言.com > 火山・噴火 > 沖縄・宮古島沖に海底火山を発見…複数火口や溶岩流の跡、過去に噴火を繰り返していた事が判明
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

沖縄・宮古島沖に海底火山を発見…複数火口や溶岩流の跡、過去に噴火を繰り返していた事が判明

沖縄県の宮古島の沖合の海丘(かいきゅう)という海底が盛り上がった場所が、過去に噴火を繰り返していた海底火山であることが、海上保安庁の調査で明らかになりました。調査では、複数の火口や溶岩が流れ出した跡などが確認され、海上保安庁は、さらに詳しい分析を行うことにしています。

海底火山と確認されたのは、沖縄県の宮古島の北、およそ120キロ沖合の水深およそ2100メートルから800メートルの海底にある「第3宮古海丘」です。

NHKニュース
全文はこちら

4:名無しさん@1周年:2016/02/03(水) 20:27:20.35 ID:ave8cZRF0.net
こんなのあって当たり前やん
日本全部火山列島なにゃで
9:名無しさん@1周年:2016/02/03(水) 21:36:58.83 ID:ds7gkdnO0.net
>>4
> こんなのあって当たり前やん
> 日本全部火山列島なにゃで

違うよ
日本列島はプレートの上にのったゴミがたまって出来てる
5:名無しさん@1周年:2016/02/03(水) 20:33:51.83 ID:oduBnEVR0.net
もう日本海域くらいは全部調査してなにがなんだか分かってるもんだと思ってたわ
まだ世界には未踏の地とかたくさんあるんだよな
スポンサーリンク
10:名無しさん@1周年:2016/02/04(木) 04:06:11.54 ID:2zjnWbDe0.net
>>5
地上と違って、海底は噴出物の調査が難しいので、年代測定(いつ噴火したか?)が困難

ただ、沖縄トラフ側には、
西表島北北東海底火山(1924年に20世紀の国内で2番目の規模の大噴火、ただし具体的噴出地点は未だに特定できず)と、
島を形成している硫黄鳥島の2つは活火山に認定されているし、
カルデラ地形がいくつか確認され、また熱水鉱床が多いことも分かっていたので、
>>1は、「やっぱりな」という感はある
6:名無しさん@1周年:2016/02/03(水) 20:38:47.90 ID:HhthZI0b0.net
海底を掘ったらいろいろありそうだよね。メタンハイドレートも深過ぎて採算取れないみたいだけど・・
11:名無しさん@1周年:2016/02/04(木) 04:11:07.34 ID:4IiaOFyjO.net
なんだ海底遺跡の話題じゃないのか
14:名無しさん@1周年:2016/02/04(木) 10:16:18.34 ID:e2na+Y910.net
海上保安庁では平成 25 年度から AUV (ごんどう)の運用を開始した。これまでの成果は表のとおり

平成25年 9月 奄美大島沖

第1奄美海丘において熱水・ガスの湧出を発見

平成26年 6月 久米島沖
久米島沖に国内最大のチムニー群を発見

平成27年 6月 宝島沖
白浜曽根において熱水・ガスの湧出を発見

平成27年11月
宮古島沖 第3宮古海丘において溶岩流等の火山地形を発見

すげえ優秀だな。海の中なら雨もないし更に高頻度で運用できそうだな。
15:名無しさん@1周年:2016/02/04(木) 12:17:12.10 ID:VMiVXZ/M0.net
沖縄海域広すぎ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1454496873
沖縄・宮古島沖に海底火山を発見…複数火口や溶岩流の跡、過去に噴火を繰り返していた事が判明

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

ピックアップ記事

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp://」でお願いします。