大地震・前兆・予言.com > 神話・宗教 > 【神】 旧約聖書の奇跡って本当にあったの??
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【神】 旧約聖書の奇跡って本当にあったの??

pub_wiki_mouse634634.jpg
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:01:50.71 ID:lWCU/3lj0
間違いだという証拠もないし・・。
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:03:19.62 ID:AtwxSJfL0
旧約聖書ってよくわかんないんだけど
奇跡ってどんなの?
スポンサーリンク
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:04:24.88 ID:MYhrXFLe0
>>3
海が割れそこを人が歩いたらしい
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:05:38.50 ID:lWCU/3lj0
>>3
モーセが海を半分に割ってカナンの地にヘブライ人を連れてったりとか
ノアが大洪水の前に神からお告げを聞いて船つくって全動物乗せたりとか
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:05:16.70 ID:8fVEiKhi0
んなわけねーだろ!
11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:07:26.67 ID:lWCU/3lj0
>>5>>6
なんか前シナイ山のてっぺんでかなり昔の船の破片が見つかったってニュースあったじゃん?
だから嘘ではないのかもしれない
31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:21:13.67 ID:Up9/xZAd0
>>11
数kmも水位を上げるほどの海水が
どこから表れどこへ消えたのか
簡潔に説明せよ
36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:22:45.77 ID:lWCU/3lj0
>>31
地震→津波じゃないのかな??
38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:24:06.80 ID:onXLqLwq0
>>31
神が出現させ、神が消した
これで何か不都合な点ある?
7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:05:17.92 ID:eTiKc++SQ
モーセの海を割ったやつとか
8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:05:33.89 ID:mfh9/Q97P
ノアの箱舟は?
10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:07:21.20 ID:MYhrXFLe0
ノアの箱舟がもし実在していたなら
そんな大きな建造物が消えるわけがない
普通後世に残る
12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:07:31.82 ID:LqLCxCOJ0
「初めに、神は天地を創造された」

そして実際に天地はあるだろ

つまり旧約聖書に書かれてることは本当だということだ
16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:08:55.02 ID:Tl9Gau+N0
>>12
はじめにあったのは言葉だ。ちゃんと聖書くらい読めよwwww
ネットにいくらでも転がってるだろうが
13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:07:51.02 ID:Tl9Gau+N0
モーセの紅海割りは風が台風並に強ければ今でも再現可能だといわれてるぞ
荒野のナンとかノアは信じるほうが馬鹿
14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:08:17.17 ID:mfh9/Q97P
バベルの塔ってのもなかったっけ?
15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:08:39.67 ID:CWVAoLn70
物理的にはあり得るみたい
17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:10:16.69 ID:1WMwYqw/0
自然現象としてあったかもしれないけど、神とか預言者の作為で生じたものじゃないだろw

はい論破
19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:11:02.62 ID:6qWzRRgj0
マジレスすると
天文学を擬人化させたり物語化させたもの
寒い夜、寒い冬を終わらせてくれる太陽に感謝しまくる=太陽は神
http://www.youtube.com/embed/-_eLaY-fQgE#t=4m50s?rel=0
ノアの洪水は
地球に巨大隕石が衝突し、地球の一部が欠け月になった時の大津波だとかいう説も
22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:12:35.55 ID:AtwxSJfL0
>>19
そんな昔には人間いねーよ
27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:15:30.34 ID:6qWzRRgj0
>>22
地質学とかで実際その場にいなくてもわかる
39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:24:18.92 ID:AtwxSJfL0
>>27
衝撃でかすぎて地質調べてもわからんと思うけど
海も無かっただろうし
54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:31:05.14 ID:6qWzRRgj0
>>39
しらねーよ、その説を唱えた人に文句言ってくれ

俺が言いたいのは
地球や星や宇宙の出来事が擬人化・物語化されて神話になってるよ
って事
20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:12:03.14 ID:x4codYck0
ノアの箱舟は世界中各地の文明に大洪水の伝説が残っているから多分真実でしょ
24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:14:29.13 ID:6qWzRRgj0
>>20
数百年あれば一度くらい大地震が起きて大津波が起きるだろ
28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:15:31.86 ID:Tl9Gau+N0
>>20
古くから文明が栄えている
→安定的に穀物が取れている(狩猟で大規模な文明は興らない)
→河が近くにある
→そういう文明で一番忌避されるのは洪水か疫病
→その二つが起こって打撃を受けない長期的な文明など存在しない
23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:14:13.76 ID:lWCU/3lj0
俺もさすがに神からお告げを聞いたとかは信じていないが
とりあえず嘘だったらなかなかここまで話が残らないんじゃないかと思った
脚色や尾ひれがついたものもあるだろうが、あながち嘘では無いんじゃないかと

あと、方舟発見のニュース
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2722397/5676346
25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:14:52.31 ID:y9MyPMGi0
当時、この地域に住む人の行動範囲は非常に限られていた。大きな盆地にある湖が海と言われるぐらい。
この箱庭状態の狭い世界で湖が溢れたら世界中が沈んだと思うだろうな。
226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:32:08.54 ID:mV6CMKco0
>>25
その意見が実はいい線突いているみたいでやはりごく狭い地域で伝わった
神話がベースなので我々は聖書と言うとワールドワイドだから奇跡も
凄いレベルだろうと思いがちだろうけど以前は小さい一部族の宗教だから
なんつうか....って話のようだね
30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:16:56.17 ID:Mzmaa/NB0
巨大魚に飲まれた人がいるんだよ
32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:21:31.34 ID:lWCU/3lj0
ノアの箱舟はガチっぽいのかな??
モーセは海が割れたってのが台風かなにかの影響でFAなのか?
とりあえずソドムとゴモラとか、バベルの塔とかってどうなのよ??
226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:32:08.54 ID:mV6CMKco0
>>32
モーセのやった海割りはガチなんじゃねえかと神学者は考えている
実は紅海そのものではなく葦の海といわれる湿地帯で、大風程度で
一時的に水がはけることがあり得るそうだ
我々の一般的に定義している海と違うものみたい
しかも状況としては湿地帯なので徒歩の一般人は通れたが
重量のある馬+戦車や武装した歩兵は泥に足をとられて通れないっていうのが
どうもFAなんじゃねえかと言う話
42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:24:54.29 ID:sPTr1kDCO
>>32
ソドムとゴモラは
周囲の状況から隕石の衝突で間違いないらしい
テクタイトっていう6000℃以上ないと生成されない物質が発見されてるし
そのくらい高温を生み出すのは隕石の衝突以外ないらしいし
45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:27:55.88 ID:onXLqLwq0
>>42
百歩譲って、それが隕石であるとして
その隕石が神は神が降らせたものだという主張を覆せそうな証拠や論拠ってある?
53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:30:56.58 ID:sPTr1kDCO
>>45
そんなことわからないわよ
だって神がいるのかさえわからないし
隕石の衝突が神の所業だなんてそんなこと偶然かも、で片付くし
でも人類が何百万年前から存在してるっていうのはありえないとは思う
49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:28:28.95 ID:lWCU/3lj0
>>42
まじか
たしかに内容も隕石っぽいな
61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:34:40.59 ID:sPTr1kDCO
>>49
ノアの時代はまだ全地球的に高温多湿だったっていうのは信憑性あるよ
地球全体が金星みたいに雲で覆われてたらしいし
隕石の衝突で雲がすべて雨に変わったって何かで読んだ気がする
33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:21:36.82 ID:sPTr1kDCO
地質学で年代を割り出すやり方ってもの凄い信憑性無いらしいな
3桁は鯖よんでるらしい
実際に堆積の速度も1000年単位あれば余裕らしいし
化石なんて数百年あれば出来る
40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:24:38.54 ID:Tl9Gau+N0
>>33
日本の場合は地震が多くて地層グッチャグチャだから、それなりに史実を比較すると結構年代がわかる。
比べて地震の少ない土地は地層が綺麗だからあいまいにならざるを得ない。
一番の問題は、地震のない土地でそんな研究に金を出すやつがいないこと。
37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:22:50.18 ID:J+6vRPbT0
ねーよ、あれは後世の時の人が勝手につくりかえた
49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:28:28.95 ID:lWCU/3lj0
>>37
脚色もあるだろうが、内容が嘘だという証拠がない限り断言できない
41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:24:45.30 ID:y9MyPMGi0
まだノアの箱舟は巨大UFOと言う方が説得力あるよな
43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:25:26.77 ID:RZDjn0ju0
バベルの塔は、ランドマークタワーより低かった
44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:27:19.27 ID:Iv2wAzYT0
90mぐらいしかなかったんだよな
46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:28:08.67 ID:sPTr1kDCO
それにしても面白いのが冷凍マンモスだよね
草を食べてる最中に凍結するなんて
いったいどんな超冷却現象が起こればこんな一瞬でマンモスが凍結するのかしら
48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:28:16.21 ID:r1oMtO/YP
本当にあったことに
尾ひれをつけて書いてるんじゃないの?

あれを信じてる
ユダヤやアラブが世界の富を独占してるから
何かはある気がする
50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:28:50.45 ID:COkGwfjM0
神話は神話として楽しむのが一番おもしろい
それ以上踏み込みたいのなら神話学でも学べばいいと思う
51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:29:06.70 ID:hheXXsHsQ
古くから洪水伝説が伝わってる地域は意外に多いから
かなり昔に、降水量が半端なかった時期があるんじゃないかと
予測している人もいるな
特に地中海内陸からメソポタミア辺りの
降水量の上昇は有り得るという話がある
シュメールの神話にかかれてたんじゃなかったっけ

オカルト的な面からは方舟の残骸が気になるが
これはねぇ…
209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:58:52.87 ID:ddvGY/wX0
>>51
アステカの太陽の石にも刻み込まれてるしな
59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:32:46.43 ID:onXLqLwq0
>>51
確かにシュメールに洪水伝説に酷似した伝説あるね
神話ってなにかしら類似した点が見つかるから面白い
日本の神話は中東、アジアから伝来したものが多いみたいだね
神話のなにかしらの類似するのは、共通する神話の起源があるからだだという説もあるね
67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:37:02.36 ID:6qWzRRgj0
>>59
日本民族(縄文人)=長~い期間かけてユーラシア大陸を横断してきたユダヤ人
って説まであるからな
76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:40:59.86 ID:r1oMtO/YP
>>67
三種の神器?の鏡の裏には
ヘブライ語が書いてあるとか
本当だったら面白いのに
83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:43:42.91 ID:lWCU/3lj0
>>67
それは竹内文書に書いてることかな?
イエスキリストもノアも日本に来たってやつ
竹内文書はトンデモって言われるけど、そうなると神官さん達はニセ本守ってきて無駄な努力だよね
52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:30:38.59 ID:AlfXV2Kz0
自然災害が誇張されてるってのが自然な考え方じゃね?
海が割れるのは再現可能だと言うが、実際めったに起こらない(というか、起こるのか?)んだから
聖書に書いてあるから起こったという主張はかなり可能性の低いものを取り上げているだけのような
55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:31:18.39 ID:COkGwfjM0
ちなみに日本神話に脚色があることは論証されてる
58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:32:02.04 ID:Tl9Gau+N0
その当時の海=地中海だけど、そうだとしても山の上に海面がくるような災害が起こるわけがない。
津波だとしてもそんな津波で船が無事なわけがない。
68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:37:36.00 ID:lWCU/3lj0
>>58
アララト山はもともと低く、洪水は確かにあったが、後の地表の隆起で高い山になったのかなと思った。
そうしないとニュースに説明がつかないけど、実際はどうなんだろうね。
62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:35:28.47 ID:1/z07N5S0
モーセが海割ったってのは引き潮だったはず
日本でもあるじゃん引潮の時だけ道できる場所とか
66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:36:48.20 ID:sPTr1kDCO
旧約聖書にハルマゲドンが比喩で書いてあるけど
その中に天から山みたいなのが海に降ってくるみたいなものがあるから
隕石だったら楽しいよね
69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:37:39.85 ID:1/z07N5S0
ナショジオで聖書や神話の内容を検証する番組やってるな
現実的なのから宇宙人説まで色々なパターンあって面白い
72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:38:11.41 ID:w3evRHVR0
旧約聖書っていろんな人が書いてて各章の成立年代もばらばらみたいだね
81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:43:03.76 ID:onXLqLwq0
>>72
そうそう
だいたい紀元前10-1世紀くらいに、今普及してる旧約聖書の全体が出来上がったと言われてるみたい
まあ旧約聖書の中身も相当広範な時空を描いたものだからね
芸術作品と見れば、中身も実際も極めて壮大で広大な書物といえる
78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:41:30.77 ID:lWCU/3lj0
モーセ→引き潮or台風
ノア→津波
ソドムとゴモラ→隕石
でおkなのかな?

あとバベルの塔崩壊後、言葉が通じなくなったってやつはどうなのかな・・。
あとは神のおつげ、モーセがラメセスの前で行った奇跡とか、予言とか、アダムとイブとか・・
79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:42:51.88 ID:1/z07N5S0
>>78
ソドムとゴモラには核爆発説も
まあ神=宇宙人説と同類だが
86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:46:11.35 ID:sPTr1kDCO
>>78
バベルの塔はたしか
言語をバラバラにして設計が出来なくなって
中断して
倒壊したんじゃなかったけ
どうやって言語をバラバラにしたのかわかんないけど
87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:46:42.30 ID:w3evRHVR0
>>78
昔は民族内でしか交流してなかったので言語がひとつだったけど、
だんだん異民族が移動してきたとかで交流が増え、言語が増えたな~みたいなのが
誇張されたとか。
塔は知らん。教戒っぽい話にするためにくっつけただけかもしれないし…
90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:50:52.98 ID:lWCU/3lj0
>>87
移民説か
言語はそうっぽいけど、塔はどうなんだろうな
モーセの奇術はマジックとか?
96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:53:04.24 ID:onXLqLwq0
>>90
実際、海を割らずに出エジプトする現実的な方法ってあるんだろうか
104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:55:52.52 ID:w3evRHVR0
>>96
海を割るのがすでに現実的ではない件
泳ぎましたの方がまだしも納得できるし、船とか実は別の場所だったとか他にも考えられると思う
84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:44:42.50 ID:JQD78AmQP
生命の木なんてなかった
94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:51:43.76 ID:1/z07N5S0
そういや聖書の中ではモーセって130歳くらいまで生きたんだっけ
あれはどうなんだろ
102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:55:06.31 ID:onXLqLwq0
>>94
その後の世代も100歳越えがしばらく続くし
カインやアベルなんかの時代は200歳近いな
徐々に寿命が短くなっていくさまは興味深い
98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:53:26.97 ID:hheXXsHsQ
塔の存在自体も有り得るんじゃないかな
他民族との争いで建設やめたとか
227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:53:20.05 ID:mV6CMKco0
>>98
ジッグラトのことなんじゃねえかと言われている
99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:53:57.05 ID:fctJfd6O0
俺は信者ちゃうからよくわからんけど 動物を殺したのが最初の罪ってんなら
なんで羊やら息子を生贄にして神にささげようってなったんだろうか

聖書にはこう書かれてます(キリッ
なのがエホバだったりするのでアレだけどさw
118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:01:07.11 ID:Tl9Gau+N0
>>106
りんご食べて、恥ずかしくなって身を隠した後、体を覆うために獣の皮の服を着たと書かれてある。
獣の皮ってことは獣を殺したということで、自分の罪から他者を殺したということ。
100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:54:41.22 ID:UPfzSiFE0
リンゴの話は神が食べてはいけないって言ったのに食べた、ってのが罪だろ?
107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:56:24.13 ID:sPTr1kDCO
>>100
でもそれなら禁断の果実を食べた直後に
自分が裸であることに気付いて下半身を隠すって
変じゃない?
111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 06:58:17.19 ID:UPfzSiFE0
>>107
いやつじつま合ってるだろ
神より蛇のいう事を聞いた瞬間に天使的なものから今の人間になった、と
120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:02:00.65 ID:sPTr1kDCO
>>111
つまりやっぱり
神への疑心が禁断の果実じゃないですかね
127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:06:01.17 ID:UPfzSiFE0
>>120
そういうことだろう
旧約聖書の奇跡ってある程度神学的な要素があるからね
創造もノアもアブラハムも出エジプトも結局「神に従えばおk」っていうのが描かれてるとおも
134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:10:04.28 ID:sPTr1kDCO
>>127
でも
神ってその裏切り行為を前もって分かってたらしいよね
つまり今人類が生きてる意味は
神がサタンに与えた猶予の時間
つまり人類にとってはたちの悪い茶番だよね
150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:19:09.89 ID:r1oMtO/YP
>>134
完全に予定説なの?

自分もマナ食べてみたい
157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:22:39.91 ID:sPTr1kDCO
>>150
旧約ではそうじゃない?
天地戦争のくだりで
サタンが自分なら人間を惑わして神への信仰を欺くことが出来るとか言って
神は無理だろうけどやってみろって猶予を七日あたえて
アダムとイブの行為は人間の自由意志を尊重したとかなんとか
167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:31:26.94 ID:r1oMtO/YP
>>157
ある程度、自由意志もある予定説って意味なの?
172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:33:54.48 ID:sPTr1kDCO
>>167
うんうん
だいたいアダムとイブを誕生させる以前の創世記から
ハルマゲドンを予告してた節があるし
確信犯だよね
227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 15:53:20.05 ID:mV6CMKco0
>>167
新約の現代解釈では自由に生きる信頼をキリスト以降得ているという解釈もある
129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:06:57.40 ID:x4codYck0
聖書では上の水と下の水(海)ってのがあったはず
上の水というのは昔は成層圏を覆う水の層が空にあったらしいよ
ノアの時の洪水はこれが地上に降ってきたせい
139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:13:51.28 ID:sPTr1kDCO
>>129
そうそう
隕石の衝突で雲の水分子に巻き上げられた粒子が核になって超大雨になって
地上からも大量に水が噴き出してきて
その重みで地球全体が地盤沈下を起こして山が出来たりして
ノアの一族は生まれて初めて青い空と虹を見たんだよね
133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:09:48.24 ID:lWCU/3lj0
とりあえずモーセがシナイ山に向かう途中に
パンや水やハチミツ入ウエハースを出現させたらしいがどうなんだろうか・・・

ちなみにクルアーン上のモーセはラメセスの前で杖をヘビに変えたり、ナイル川を全て血に変えたりしたらしいが・・・。
138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:13:23.66 ID:onXLqLwq0
>>133
旧約聖書にも同じような記述あるよ
他にはイナゴの大群呼んでエジプトの畑全滅させたり

サナイ山近辺で出現させたものといばマナだが
これは一体何なんだろうな
かなりの間イスラエルの民を養ったというし
159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:24:32.15 ID:lWCU/3lj0
>>138
イナゴの大群やら血のナイル川やらの偶然が一気にかさなったのかな??
神のお告げとかここらへんが怪しい
165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:28:46.72 ID:onXLqLwq0
>>159
重要なのは、エジプトの民「だけ」が危害を受けると記述されていることだ
特定の民だけに災いが下るようなことって自然現象としてありえるのかって話だよなあ
168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:31:50.34 ID:lWCU/3lj0
>>165
そうそう
だからここはやっぱり脚色の色が強いのか、それとも自然災害は本当にあってヘブライ人も死んだが都合のいいようにエジプトの民だけ被害にあったとしたのか。
そこがわからないんだけどなぁ
197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 09:24:07.02 ID:fctJfd6O0
>>165
モーセの十災を書き出してみると 
1 川の水が血となって魚が滅びる 2 カエル大量発生 3 ぶよ大量発生
4 あぶの大量発生 5 疫病で家畜が死ぬ 6 腫れ物の流行 7 雹(ひょう)が大量に落ちてきて
8 イナゴが異常発生 9 エジプトが三日間暗闇になり 
10 エジプト人の初めての子を人の子だろうが家畜だろうが神が殺す

エジプト国内で天災が起こったと考えるとなんとか辻褄が合うと考えられるけどなぁ
151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:19:14.71 ID:UZqbx0nz0
ノアの箱舟の残骸みたいなのがトルコかどっかの
山の上に無かったっけ?

昔世界ふしぎ発見でやってたのを観た
161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:24:50.12 ID:x4codYck0
神が天から降らせた食物のマナはwikipediaにものってるよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/マナ (食物)
169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:32:13.30 ID:sPTr1kDCO
まあ
偶然でこの太陽系も地球も生まれるわけがないとは思ってた
不自然なくらいに奇跡の応酬だし
神がいるんじゃね?とは素直に思ってしまう
173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:37:30.17 ID:UPfzSiFE0
神が時間を巻き戻したって記述も旧約にはあるから
そうすると終末のことも分かるっていう話になるのか
176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:39:47.53 ID:x4codYck0
>>173
聖書とはちがう話だけれどアカシックレコードという物もあってだな
182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:52:21.17 ID:UPfzSiFE0
>>176
なにそれkwsk
185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 08:00:17.08 ID:x4codYck0
>>182
アカシックレコードには過去から未来の出来事まで既に完璧に記録されているんだよ
これにアクセスして未来の出来事を読み取れば完璧な予言が出来る
色んなラノベにも取り入れられてるよ
181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:45:50.95 ID:NeaDAXTk0
実際にキリストが生まれたのは紀元前5,6年くらいらしいけどね
184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 07:54:37.62 ID:r1oMtO/YP
>>181
イエス・キリストって本当は何日に生まれなんだろ?
クリスマスではないらしいけど
195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 09:15:28.89 ID:WotcGHlI0
何でお前らそんなに詳しいんだよ
199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 09:27:42.87 ID:fctJfd6O0
>>195
旧約聖書と新約聖書を読んだだけ
どの宗教の信者ではない 良くも悪くも無宗教
204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:01:52.00 ID:vYgSHDJ5P
欧米では神学の1つとして、
聖書の内容が事実である事を立証していく学問があり、多くの研究者が居る
モーセに関しては、その中でも面白い解釈が二つある

1つは、モーセの海割れは紅海で無く地中海側の入江であったとされ
潮の満ち引きが起因するという説。
海に追い詰められたヘブライ人だがモーセが祈り続ける最中に潮が引き初め
エジプト軍が追いかけてきた頃に潮が満ち始め、溺れたという説だ。

もう一つはより伝説的な説
出エジプト記が紀元前13世紀とされているが、その時期が前16世紀だと仮定する
この時代地中海のサントリーニ島において島が吹き飛ぶほどの大噴火を起きた
その噴火についてギリシアの記録では、遠浅の海が数キロにわたって干上がり、
数時間後に大津波が押し寄せ全てを飲み込んだとある。
コレがまさに出エジプト記で海に追い詰められたモーセの前で起きたというのだ。
確かに絶体絶命な状況下で、急に海が干上がり
その後津波が押し寄せてきたら神を信じ、記録にも残るだろう

だが海を割るより大噴火の方が無理がある気がするのだが…
205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:04:14.60 ID:VAGHGlHR0
神話書いた奴って絶対あたまぶっ飛んでる奴だと思うんだよね
207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 10:15:02.66 ID:GLZJ0t2Z0
>>205
まぁ民衆の思考停止を狙うものだしな

進化論も創造論も「論」なわけであってだな、どちらも証拠は無いんだし

・アミノ酸やらなんやらが集まって雷に打たれてアメーバになりますた
・天の父が六日かけて創造されますた

どっちもどう信じろと
213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 11:15:27.89 ID:8ZiXpwFJP
よく空が厚い雲で覆われてたりするけど時代的に整合性あるし、月衝突洪水説は本当かもわからんね
216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 12:28:22.45 ID:R5VHv5S30
聖書は世界一売れてるラノベ
219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:07:01.15 ID:GLZJ0t2Z0
ヤハウェと聖書の神って地味に≒だからね
220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 13:10:20.35 ID:r6+AtxRc0
ていうかゴッド=ヤハウェ=アッラーだからな。言葉違うだけで
228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/06(木) 17:11:42.19 ID:sPTr1kDCO
実に興味深い
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1294261310
【神】 旧約聖書の奇跡って本当にあったの??

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

ピックアップ記事

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp://」でお願いします。