大地震・前兆・予言.com > 生き物の異変 > 【東海地方】 駿河湾で深海サメ、生きた化石「ラブカ」3匹を発見捕獲

【東海地方】 駿河湾で深海サメ、生きた化石「ラブカ」3匹を発見捕獲


生きた化石「ラブカ」3匹捕獲
3月21日 19時07分 NHK

深海に生息するサメで、「生きた化石」とも呼ばれる「ラブカ」が21日、駿河湾の沖合で3匹捕獲され、静岡県沼津市の水族館で展示されています。

このラブカは21日の朝、駿河湾に仕掛けられた水深160メートルの網にかかっているのが見つかったもので、沼津市の水族館「あわしまマリンパーク」に運び込まれました。
体が灰色の「ラブカ」は、いずれも体長が1メートル50センチほどのオス1匹とメス2匹で、水槽の中で尾ひれをゆらゆらと揺らすように泳いでいます。
水族館によりますと、「ラブカ」は「生きた化石」とも呼ばれる深海に生息するサメで、捕獲された例は少なく、詳しい生態は分かっていないということです。

全文はこちら

スポンサーリンク
先日から、日本海側を中心に相次いで発見されている深海魚ですが
今度は駿河湾で深海サメ「ラブカ」が捕獲されました。

数は3匹で、また生きたまま見つかったということで大変珍しいとのことです。

東海地方で駿河湾・・・
場所が場所だけに東海地震が頭をよぎってしまいます。
記事を検索しましたところ、2012年12月、5月、3月に同じく駿河湾、静岡県沼津にてラブカが捕獲されたとの記事がありました。


静岡県沼津 深海魚「ラブカ」捕獲
「わけの分からないサメが揚がった」 深海ザメ「ラブカ」捕獲、生きたまま展示へ
静岡で深海魚ラブカ捕獲 “生きた化石”






太平洋側ということで今月12日に神奈川県横須賀市でダイオウイカが揚がったという話もあります。

【関東】 神奈川県横須賀市走水港でダイオウイカが水揚げされる!




【東海地方】 駿河湾で深海サメ、生きた化石「ラブカ」3匹を発見捕獲

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

半角数字にて「※3」「米46」の様に入力するとコメント欄の該当コメントへ返信表示が出ます。
スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp(s)://」でお願いします。