大地震・前兆・予言.com > 地震全般 > 小学館 「SAPIO」11月号 「南海トラフ」異常あり!!

小学館 「SAPIO」11月号 「南海トラフ」異常あり!!


jeseajapan2.jpg
https://www.facebook.com/jesea.japan/posts/604242232965480

jeseajapan.jpg
JESEA 地震科学探査機構

JESEA 地震科学探査機構
http://www.jesea.co.jp/

スポンサーリンク
524:M7.74(茸):2013/10/12(土) 22:27:44.91 ID:ZxqBk5RJ0
北大教授 森谷武男博士の言っていた、
東日本大震災直前に強烈なエコーが観測され、
東日本大震災後に再度、強烈なエコーが観測され始めた、
地震エコーの正体は、
東日本アウターライズ超巨大地震ではなく、
南海トラフ超巨大地震の前兆だったか…

SAPIO 2013/11月号
(2013/10/10日発売)に、
「南海トラフに異変あり」という特集があった。

JESEA 地震科学探査機構
https://m.facebook.com/jesea.japan?id=518173738238997&refsrc=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fjesea.japan

2013/10/10、
本日発売の小学館の月刊誌「SAPIO」
にて《「南海トラフ」異常あり!》という特集が掲載されました。
当社も取材を受け南海地震の予兆と
見られるデータを提供しております。

東日本大震災の予兆と酷似している
現在の数値をグラフで分かりやすく説明しています。是非、ご一読ください。

SAPIO 2013/11月号
(2013/10/10日発売)に、
「南海トラフに異変あり」という特集があった。

「2013年5月から7月にかけて、
紀伊半島西部沿岸、四国地方太平洋沿岸から、
九州地方 太平洋沿岸にかけての広い範囲で、東日本大震災の1年前に、
東北地方で見られた、4㎝以上の動きはかなり危険な値である沿岸部の沈降と、
内陸部での急速な隆起とまったく同じ現象が起きている。」
「つまり、1年いないに、
東海地震の震源域は動かないが、
東南海地震と南海地震の震源域が連動する、
西日本超巨大地震が同時連動発生する可能性が高い。」


と、書かれていた。

小学館 「SAPIO」11月号  「南海トラフ」異常あり!!

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

半角数字にて「※3」「米46」の様に入力するとコメント欄の該当コメントへ返信表示が出ます。
スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp(s)://」でお願いします。