大地震・前兆・予言.com > 不思議な体験 > 子供の頃に垣間見た未来

子供の頃に垣間見た未来

341:ぱふぇ:2012/05/31(木) 17:56:18.42 ID:PhS5Igsq0
流れ武太斬りで失礼する。
ずっとROM組だったけどウズウズして投下する、反省はしてない。
皆の話に比べればどーでもいいような事なんだが
俺の子供の頃の思い込みで、今もって不可解な出来事について吐く。
怖くもなんともないから書いていいものか迷ったけど、スッキリさせてくれ。

俺の子供時代、そうだな幼稚園ぐらいの頃だろうか
住んでたのはけっこう街中だけど、近所には当然ながら現在のような大型店舗も飲食店も殆んど無く
少し離れた商店街が唯一の買い物の場所、
そんな時代を思い描いてくれ。

母に連れられて行く、週末のたまの買い物は子供にとってはすごいイベントだった。
テンション上がりまくりで、もちろん何か買ってもらうのが目当てではあるんだが、
その商店街の外れにある「花屋さん」の前を通る時に
俺は必ず「ぱふぇー ぱふぇー食べる~~~ぅ」っとダダをこねていたらしい。
・・らしい、というのも俺自身もその頃の記憶は曖昧だからだ。
大人になってから何とはなしにそんな話を親から聞いて思い出したぐらい。
そんな親の話と、おぼろげな子供時代の記憶をたぐると・・・。




スポンサーリンク
342:本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 17:58:08.63 ID:PhS5Igsq0
>>341 から続き

さて、時を遡って当時のあの時に戻る。
あまりに俺がうるさいので
母はその「花屋さん」に連れて入ったのだそうだ。
当然ながら花屋さんに喫茶店のようなサンプルウィンドウは無いし
ましてパフェなど売っていない。
ところが俺は執拗に母の手を引いて二階へ行きたがってたそうだ。

そこはビル全体が園芸店のようで、一階で生花、二階で鉢植えなどを置いていた。
つまりは二階に上がっても観葉植物が並んでいるだけだったが・・・。
俺は納得できずに「ぱふぇ~~ 食べる~~」とダダをこねてたらしい。
それ以降も何度か連れていっては「花屋さんでしょ?」と諭しても
俺は頑として「喫茶店だー、パフェ~」と納得しなかった。

やがて時代の波に商店街はさびれ、付近に出来た大型店舗やコンビニにとって変わる。
買い物でも遊びでも商店街方面へ行く事はなくなった。
俺も社会人になってから一人暮らしを始めたので、実家周辺そのものに疎遠になっていったんだ。
再び商店街へ足を向けたのは二十数年後の事。

ある年の夏、盆もかねて実家へ帰った折に付近を散策していた。
広場は無くなりマンションに変わり、商店街のアーケードも無くなって景観はすっかり違うが・・、
「あっ、あの花屋はまだあったんだ」
ビルの外装は変わっていたけれど、一階には普通に生花店があった。
当時の記憶が一気に蘇ってくる。
懐かしくなって足を進めた。




343:ぱふぇ:2012/05/31(木) 18:00:14.63 ID:PhS5Igsq0
>>342 から続き

当時は無かった大きいガラスの自動ドアをくぐると、二階まで明るい吹き抜けになっていた。
右手におしゃれな階段が作られておりその先に・・・喫茶店!!
二階には子供の頃想像した通りの喫茶スペースができていたんだ。
もちろん迷わずチョコパフェをいただいて来た次第。
男一人でパフェはきついものがあったが、それ以上に不思議な満足感を味わう。
やっと追いついたんだなぁとノスタルジーな気持ちに浸ったひと時。

アレ以来、そこには行ってない。
今はどうなったかもわからない。
また、俺自身も影響無く平凡な人生を送っている。

子供の頃の思い込みって根拠無い自信に満ち溢れてるよね。
そんな偶然か必然か分からない記憶に刺さったトゲのような出来事。
誰にも話した事がなくてモヤモヤしてたから
これですっきりしたよ、読んでくれてありがとうですた。




345:本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 22:35:50.71 ID:oqXg9KWTO
ぱふぇサンの話、面白いじゃん 不思議な事もあるもんだ きっと幼い頃のぱふぇサンには喫茶店が見えてたんだろう




347:本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 21:15:27.21 ID:yhTTp4vy0
ちょっと長くなるかも。私がまだ幼稚園児頃の話。
私には3つ離れた兄がいるんだけど、よく近所に住むばあちゃんちで夕飯食べたり、お風呂に入れてもらったりしてた。
うちとばあちゃんちの間には古い借家が一軒あって、何年も空き家になってたんだけど、その家の前を通らないとうちには帰れなかった。
ばあちゃんちで夕飯食べたりして外が暗くなると、家への帰り道はお兄ちゃんが手をつないでくれる。だから外が暗くても怖いと思ったことなかったんだ。
でもある日の帰り道、いつもみたいに手をつないで歩きながら、ふと右側の古い空き家の方を見てしまった。
真っ黒な腰高窓に、見たことのあるおじいさんの横顔が映っていた。あのおじいさんは確か大家さん。だけど緑色で透けた、いつもと違う感じが子供心にも怖くて、私は目を逸らしたいのに逸らせなくなってしまった。
おじいさんは私達の進む方向とは反対側を向いたまま、すうっと進んで窓から消えた。
ほんの数秒の出来事だったと思う。だけど、私は古い借家の窓を見たまま足がすくんで動けなくなった。
その時はお兄ちゃんが「ほら、おんぶ」と言って私をおぶってくれて、家まで無事帰ることができた。
続きます




348:本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 21:19:09.01 ID:yhTTp4vy0
他の人も書いていたけど、子どもってあまりに怖い経験をすると、その話を誰にも言えなくなるのかもしれない。
私も長い間誰にも言えなかった。
それが数年後、たしか中学生の頃、家族に「私が乳児だった頃の記憶」について話していたとき、突如兄が
「子どもの頃の記憶と言えば」と、「亡くなった大家さんいるでしょ?おじいさんの方。ばあちゃんちの帰り道
古い空き家の窓に緑色に透けた姿になった大家さんの姿を見てしまったことがある」って話し始めた。
うわ.…お兄ちゃんもあの時見てたんだ。私も実はね…って話に。
なんでも兄はあの時「妹に見せちゃいけない」と咄嗟に私をおぶってくれたんだって。




349:本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 22:53:36.09 ID:mAItl3bVO
いい兄貴だな




354:本当にあった怖い名無し:2012/06/03(日) 17:28:45.74 ID:K2AIVJEY0
>>349
うん、優しいお兄ちゃんなんだ。

この話にはちょっとした後日談があって、緑色の透けたおじいさんを見た数日後、私が近所の土手で遊んでた時
土手の下で畑を耕している例のおじいさんを見掛けた。
透けてもいないし緑色でもなくて、いつもと変わらないその姿にホッとしたのを覚えてる。
でも実は、窓に映った姿を見た時はすでに大家のおじいさんは亡くなっていたんだって。
兄は当時低学年だったけど、おじいさんが孫の火遊びが原因のボヤで亡くなった事を知っていたんだって。
もう亡くなって居ないはずのおじいさんの姿を見てしまったから、兄も怖くなっちゃったんだろうね。
おじいさんはその辺りの地主だったんだけど、威張ることもなく物静かで、いつも汚れた格好で畑の手入れをしていたのを覚えてる。
なぜ私達兄がおじいさんの霊らしきものと遭遇してしまったのかは謎




子供の頃の不思議な体験 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1331680093/
言葉のパワー言葉のパワー
イヴォンヌ・オズワルド,磯崎 ひとみ

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 646

Amazonで詳しく見る by AZlink
大地震・前兆・予言.comのロゴ

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp://」でお願いします。