大地震・前兆・予言.com > HAARP・TEC > 核弾頭を使った人工地震 まとめ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

核弾頭を使った人工地震 まとめ

352:本当にあった怖い名無し:2012/06/22(金) 21:07:39.74 ID:25J9e6Ia0
1971年、米国の『核弾頭を使った地下核実験、その結果のM7.0の地震の発生』

ごく普通に『核弾頭を使った地下核実験、その結果のM7.0の地震の発生』が報告されているわけで、
まさか、そんな平易な事実も知らずに「人工地震」なんてありえないと咆哮しているわけでもないとは思いますが。
もしそうなら、あまりに無知蒙昧です。

1971年11月6日、アメリカはアラスカ州沖合にあるアムチトカ島でスパルタン・ミサイルの
W71核弾頭(核出力5Mt)を使用した地下核実験の資料。
Hydrogen Bomb Underground Test Detonation - Project Cannikin



スポンサーリンク
グロメット作戦 :(Operation Grommet)はアメリカ合衆国が1971年から1972年にかけて行なった地下核実験。ネバダ核実験場とアムチトカ島で行なわれた。
1971年11月6日のカニキン(CANNIKIN)実験は核出力が4.4-5.2Mtと地下核実験では最大級のものであった。(地下1860メートルで核爆発)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E6%88%A6
カニキン(CANNIKIN) 11月6日 4.4 - 5.2 M アムチトカ島で実施、最大級の地下核実験。W71核弾頭使用。

地下核実験『カニキン』
1971年11月6日にアラスカ州アムチトカ島地下1,860mで行われた核実験グロメット作戦カニキン実験で、
スパルタン・ミサイルのW71水爆弾頭(核出力5.2メガトン)が炸裂、マグニチュード7.0の巨大地震を起こした。
その後約1,000回もの余震に襲われ、島全体が隆起あるいは陥没した。
アメリカ史上最大の地下核実験であり核爆発装置のサイズは、
直径42インチ、長さ101インチ、重量2,850ポンドだった。



地下核実験『フォールトレス』
1968年1月19日、ネバダ州トーノッパ近郊の地下366mで実施した1メガトンの地下水爆実験。
大威力のあまり断層が形成され、世論の大きな非難を浴びた





大地震・前兆・予言.comのロゴ

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

コメントする 0 Comments

コメントの投稿

スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp://」でお願いします。