大地震・前兆・予言.com > 医療・健康 > 【抗生物質】世紀の大発見「ペニシリン」で有名なフレミングは将来「耐性菌が出現」することを予言していた

【抗生物質】世紀の大発見「ペニシリン」で有名なフレミングは将来「耐性菌が出現」することを予言していた

 実は、日本でも戦時中にもかかわらず、44年にペニシリンの精製に成功していました。「碧素(へきそ)」という名前でごく限られた人に使用されたようですが、戦後米国で大量生産されたペニシリンに取って代わられています。

 いみじくも、フレミングは、ペニシリンがたくさん使われるようになると、ペニシリンに抵抗して生き延びる細菌が出てくるだろうと予言していました。ペニシリンが精製されたのと同じ40年にはすでにペニシリンを分解する細菌が認められ、ペニシリンの普及と共に拡散していくことになるのです。

ペニシリン発見のフレミング、「耐性菌出現」も予言:朝日新聞デジタル

7:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 17:50:56.17 ID:NKxEbsnK.net
人間だって環境の変化に応じて、様々に自分を変えてきたんだろうから、耐性菌も
当然出てくるんだろうね。
8:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 18:03:46.26 ID:jkAIy7Nk.net
フレミングの伝記読んだ、おもしろかった
革新的な大発見を誰も理解しない、一人じっと待つこと11年
ついに賛同者がフレミングを訪れるところは感動的ですらある
14:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 18:50:58.29 ID:wUaAsyTp.net
生き残るために進化するだろうからね。
15:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 19:21:07.33 ID:f9/oW6Ho.net
電磁気のフレミングとペニシリンのフレミングは全く別人なんだよなあ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・フレミング
https://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンダー・フレミング
33:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 03:47:46.53 ID:yxPI1Kof.net
>>15
勉強になりました
スポンサーリンク
17:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 20:07:34.16 ID:Nd5UHtOF.net
>>1 ペニシリンに抵抗して生き延びる細菌が出てくるだろうと予言していました。

科学者、企業家、政治家、プログラマーで一番必要なのは分析力と想定力だろうな。
19:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 22:02:51.19 ID:goFD91p5.net
細菌を殺す物質よりも細菌を無毒化する遺伝子改造RNAの方が良いだろう
21:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 22:14:05.66 ID:M3dx1lk0.net
ペニシリンはたしかにすごいが、人間の持ってる免疫作用はもっとすごいと思う
23:名無しのひみつ:2017/10/28(土) 23:37:55.54 ID:o12EUkdb.net
そりゃ人間の技術は内在してる免疫よりはるかに低次元だからな
だから免疫を最大限に利用した医療のほうがよほど結果が出る
製薬に依存するのは下策
36:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 06:26:42.67 ID:sApe1vx3.net
>>23
免疫をコントロールするのも薬を使ってるんですけどね
41:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 07:28:27.65 ID:YnF5BnD+.net
>>36
だから不十分なコントロールに悩みが尽きないわけだよね
薬では本質的にコントロールなんて出来ないからだよ
やってることは抑え込むことだけ
免疫はシステムなんだから一部を弄ろうとする薬では解決にはならない
システムにはシステムで対処する必要がある
これはガンも同じだ。ガンも薬は向いていない疾患
25:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 00:12:43.36 ID:fbV4K/kO.net
ペニシリンは仁先生の特許です
26:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 00:20:24.51 ID:DNGsc23H.net
※23
花粉症が国民病の現代に免疫バンザイ言うのもやや短絡かと思うがね
28:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 00:44:58.30 ID:ox/lNGoP.net
この人医者だったんだ
電気の研究とかする人だとずっと思ってたわ
31:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 01:47:06.76 ID:3FMLp3E4.net
ペニシリンってそんな遅かったんだ
第一次世界大戦には出来てると思ってた
梅毒怖い
56:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 17:14:14.00 ID:MRw6mjjv.net
>>31

戦前戦中は不治の病。

戦後はストマイを闇で手に入れることができた者だけ助かった。
1本じゃ足らず2本必要だったらしい。
もちろん闇だから物凄い高値で、たぶん偽物も多かったんじゃないかな。
72:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 21:11:20.19 ID:sApe1vx3.net
・・・って、ひょっとして>>31の梅毒を結核と読み違えてないか?
34:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 04:00:00.83 ID:U1ulbO3s.net
風邪だけで抗生物質出すのはいかがなものか
39:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 07:11:43.30 ID:DDYSNJys.net
予言と言うか誰でも言うんじゃないか、そういう事は。
58:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 17:25:50.52 ID:MRw6mjjv.net
ちなみに戦前の理化学研究所(解体前)は、なかなか経営が軌道に乗らなかった。

ところがビタミンAが結核に効くらしいと噂が広まり、
それでバカ売れし、経営が軌道に乗った。

臨床試験をしたかも怪しいし、これを理研が否定したか肯定したかも知らん。
結核様様ってことだな、結局戦後解体されたが。
83:名無しのひみつ:2017/10/29(日) 22:59:34.44 ID:W6hx+ClM.net
ガン治療に免疫関係はだいたい眉唾
最近話題になってるオプジーボとそれに追随する薬は理屈的にはそこそこ(がん細胞の免疫回避能力を抑える)だけど、延命効果以上のことは言えないね
まだまだ免疫は解明途上だよ
研究費がめちゃくちゃかかるから、日本もそろそろ研究もやってられなくなってきてるけどね
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1509179840
【抗生物質】世紀の大発見「ペニシリン」で有名なフレミングは将来「耐性菌が出現」することを予言していた

この記事が気に入ったら

大地震・前兆・予言.comの最新記事をお届け!

コメントする 2 Comments

  1. 名も無き予言者さん:2017/10/30(月) 23:02:27 [No.25531]

    やはりゲノムの力が・・・
    遺伝子治療が一般化される日も近い

  2. 名も無き予言者さん:2017/10/31(火) 04:08:48 [No.25536]

    自分の世紀の発見に水を差す見解までも正直に話すなんて。謙虚な人だ。研究者の鑑。

コメントの投稿

スパム対策のため、URLを投稿する際は「h」を抜き「ttp://」でお願いします。